永野芽郁の高校はどこ?もしかしてクラーク?偏差値はどのくらい?卒業はしたの?

Pocket

今回は女優の永野芽郁についてです。

永野芽郁といえば、NHK朝の連ドラ「半分、青い」でヒロインの主役に大抜擢されて以来、人気や知名度も急上昇で、瞬く間に全国区の女優になってしまいました。

永野芽郁は容姿が清楚で透明感があるいうこともあって、今では男女問わず人気も上昇中ということで、女優としても多数の映画やドラマ、CMに出演しています。

今回はそんな大人気の女優・永野芽郁の噂です。

永野芽郁はつい最近、高校を卒業したばかりなんだそうですが、どこの高校に通っていたのかはあまり知られていないようです。

見た感じでは、真面目そうで頭が良さそうなので、どこの高校に行っていたのかが話題になっているようですが、公式には発表されていないみたいですね。

噂では芸能人に多い「クラーク記念国際高等学校」ではないかという意見もあるようですが、本当なのでしょうか。

そこで、「永野芽郁の高校はどこ?もしかしてクラーク?偏差値はどのくらい?卒業はしたの?」と題しまして、永野芽郁の高校についての噂の真相を解明していきたいと思います。

スポンサーリンク

プロフィール

<永野芽郁 プロフィール>

本名:永野芽郁(ながの めい)

生年月日:1999年9月24日

出身地:東京都

身長:163cm

血液型:AB型

<略歴>

小学校3年の時、東京・吉祥寺のサンロード付近で買い物中にスカウトされ、芸能界入り。

子役として2009年公開の映画『ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル』でデビュー。

2010年のドラマ『ハガネの女』(テレビ朝日)では主人公・芳賀稲子(吉瀬美智子)の小学生時代の役、2013年のNHK大河ドラマ『八重の桜』では山川常盤(佐藤みゆき)の少女期を演じた。

2010年からファッション誌『ニコ☆プチ』(新潮社)でレギュラーモデルを務め、2013年6月から2016年3月までは姉妹誌『nicola』(新潮社)のモデル(ニコモ)として活動した。

ニックネームは「メイ©」。2016年8月から雑誌『Seventeen』(集英社)のモデルとして活動している。

2015年公開の映画『俺物語!!』でオーディションを勝ち抜きヒロイン役に抜擢されて脚光を浴びる。

同年11月には「女優登竜門」と目される「全国高等学校サッカー選手権大会」の11代目応援マネージャーに就任。

翌2016年には13代目「カルピスウォーター」CMキャラクターに起用され、UQ mobileのCMに深田恭子、多部未華子とともに三姉妹役で共演し「あの子はだれ?」と注目を集める。

2016年の連続ドラマ『こえ恋』(テレビ東京)で、ドラマ初主演、同年のNHK大河ドラマ『真田丸』で豊臣秀頼の正室・千姫役を演じる。

2017年3月公開の『ひるなかの流星』で主人公・与謝野すずめ役を演じて映画初主演。

2018年3月、高校を卒業。

同年4月より放送の同年度前期のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロインオーディション初参加ながら応募者2,366人の中からヒロインに選出され、主人公・楡野鈴愛役を演じる。

幼少時の病気により左耳を失聴したという設定の難役で、永野は左耳に耳栓をつけたり失聴者から話を聞くなど入念な役作りをして撮影に臨んだ。

活動当初はファッションモデルとしても活躍していた永野芽郁ですが、NHKの大河ドラマや朝の連ドラに出演したことが女優としてのターニングポイントになったみたいですね。

NHKのドラマに出てから、映画や民放局のドラマ、CMに起用されることが増えていったようですね。

それにしても永野芽郁は小学生の時から芸能界で活動しているんですね。

もう10年近く活躍していることになりますね。

永野芽郁の小さい頃の写真(画像)はあるの?

永野芽郁は小さい頃から芸能界で仕事をしていたようですが、その頃の写真(画像)はあるのでしょうか。

永野芽郁は小学校3年生の時から芸能界で仕事をしているんだそうです。

このあたりは永野芽郁の小学生の時の子役時代の写真(画像)のようですが、どの写真も可愛いですね。

永野芽郁は小学3年生の時に吉祥寺で今の事務所にスカウトされたようですが、事務所のスカウトマンは何かを見抜いて永野芽郁をスカウトしたんでしょうね。

永野芽郁の年齢は?

スポンサーリンク

永野芽郁の年齢ですが、生年月日が1999年9月24日ということなので、2019年9月で20歳になるということですね。

2019年1月現在では永野芽郁の年齢は19歳ということになりますね。

永野芽郁は頭いいの?高校はどこ?もしかしてクラーク?

永野芽郁は見た目が清楚で透明感があるお嬢様っぽいということもあり、実は頭がいいのではないかと言われているようです。

残念ながら、永野芽郁が頭がいいということについては情報がなかったです。

これに関しては見た目が頭良さそう、賢そうということで、頭がいいと言われているのかもしれませんね。

でも、永野芽郁はバラエティ番組でも場の空気を読んだコメントをしていますから、もしかしたら本当に頭がキレる、頭のいい女性なのかもしれませんね。

永野芽郁の高校についてはどうなのでしょうか。

永野芽郁の高校はどこなのでしょうか。

クラーク記念国際高等学校だという噂は本当なのでしょうか。

これについては詳しく調べてみたところ、永野芽郁の高校は噂の通りのようで、クラーク国際記念高等学校ということです。

永野芽郁は高校時代には既に芸能活動をしていたので、クラーク国際記念高等学校の通信制に行っていたようですね。

<クラーク国際記念高等学校>

〒169-0075
東京都新宿区高田馬場1-16-17

クラーク記念国際高校は、北海道に本部を持つ広域通信制高校でありながら全国に59ヶ所もキャンパスがあり、全日制高校と同じ学生生活を送ることができるのが大きな特徴です。

通信制ですから、高校時代の勉強は主に自宅学習のようで、スクーリングという学校に行かなければ行けない期間だけ学校に行くという生活だったようです。

ちなみにこのクラーク国際記念高等学校の通信制は最近では芸能界では入学している人が多いそうです。

AKB48のアイドルの人たちも入学しているんだそうです。

芸能界で高校といえば、前は堀越高校や日出高校、明大中野高校の定時制が多かったそうですが、いまではクラーク国際記念高等学校の通信制が多くなってきているそうです。

偏差値はどのくらい?卒業はしたの?

永野芽郁が通っていたクラーク国際記念高等学校ですが、偏差値はどのくらいかというと、永野芽郁が通っていたのは通信制なので偏差値がないんだそうです。

入学希望者ならほとんどの志望者が入学できるんだそうです。

入学試験っぽいものもないそうですよ。

永野芽郁はこのクラーク記念高等学校をしっかりと卒業したんだそうです。

これは高校の卒業式の時の画像(写真)みたいですよ。

永野芽郁は2015年の4月に入学し、2018年の3月に卒業したようで、しっかりと3年間の高校生活を送り、卒業したとのことです。

永野芽郁の中学・高校時代の部活は?

永野芽郁は中学や高校の時の部活は何をしていたのでしょうか。

さすがに高校の時は芸能界の仕事がかなり忙しかったようで、部活はしていなかったようですね。

中学の時は陸上部に入っていたようです。

といっても正式に入部していたわけではなく、中学の時は3年間仮入部だったんだそうです。

私は中学1年生から3年生までの3年間、仮入部をしてました。

なぜ仮入部だったかと言いますと、お仕事をしていたので日焼けをしちゃいけないとか、大会に出られないとか、色んなことを考えて本入部ではなく仮入部にしました。

やりたい時に校庭を走らせてもらえるという権利が欲しいがために、仮入部で陸上部に所属していました(笑)。

学校が終わったあとに、指定のジャージに着替えて外周を一人でひたすら走り回るとかしてました。

走っていると身体に付いていたものが風に乗って無くなっていくというか、スッキリする感じがすごくあって、テストが嫌だなとか思った時には走りに行くことがありましたね。

永野芽郁は中学の時も芸能界の仕事があったので、スケジュール的に本入部はできなかったんでしょうね。

高校サッカーの応援マネージャーに就任

永野芽郁は「全国高等学校サッカー選手権大会」の11代目応援マネージャーに就任していたこともあるので、てっきり中学や高校の時は女子サッカー部に入部していたのかなと思いましたが、これは仕事で引き受けたようですね。

しかし、この高校サッカーの応援マネージャーは堀北真希や新垣結衣、北乃きい、川口春奈、広瀬アリス、広瀬すずといった錚々たるメンバーが今までに就任していますから、永野芽郁もこのメンバーの仲間入りをしたことで、今後は芸能界でも活躍し続けていくのかもしれませんね。

スポンサーリンク