西野七瀬の文春砲で噂になったディレクターって誰?顔はどんな感じ?写真(画像)はあるの?

Pocket

今回は西野七瀬についてです。

西野七瀬といえばアイドルグループ・乃木坂46を代表するメンバーで、昨今では乃木坂46の顔とも言える活躍をしていました。

グループ内の人気も常に1位か2位という感じで、乃木坂46のエースメンバーでした。

そんな西野七瀬ですが、2018年内をもってグループの卒業が発表されました。

乃木坂46卒業後は女優・タレントとして、芸能界で活動することを発表した西野七瀬ですが、2018年5月、ついにあの文春砲を浴びるという事態に陥ります。

文春砲の内容としては、西野七瀬がTV番組ディレクターと付き合っていたというものでしたが、細かい詳細はそこまで追及されず、西野七瀬本人も乃木坂46の運営サイドも文春砲についてのコメントを全く発表しないという何とも言い難い対応でした。

西野七瀬ファンにしてみれば、奥歯に物が挟まったような落ち着かない感じになってしまったのではないでしょうか。

そこで、今回の記事では「西野七瀬の文春砲で噂になったディレクターって誰?顔はどんな感じ?写真(画像)はあるの?」と題しまして、真相を解明していきたいと思います。

スポンサーリンク

西野七瀬の文春砲・文春報道ってどんな内容?

まず、西野七瀬の文春砲・文春報道がどんな内容だったのかを見ていきたいと思います。

この西野七瀬の文春砲が出たのは2018年の5月になります。

報道形態は週刊文春の紙面ではなく、WEB配信での報道でした。

週刊文春デジタルの有料会員のみが見れるコンテンツでの報道でした。

内容的には西野七瀬がワイルド系のディレクターを自宅に招き入れてお泊まりデートをしたということでした。

・2016年4月、仕事が終わって男性2人と遊びに行く。男性1人は途中で帰宅。
その後、西野七瀬と男性が2人で西野宅へ。
翌朝6時頃に男が部屋から出てくる。

・1週間後にも男が西野宅へ。20時から5時間ほど滞在。
1時頃に2人でタクシーに乗って夜の街へ。

詳しい内容はこんな感じです。

この報道に関しては西野七瀬本人にも文春は突撃取材をしています。

・西野七瀬に直接取材して相手男性とのお泊まりや関係性について質問したところ、否定することなく終始無言だった。

週刊文春の記者は焼肉屋帰りの西野七瀬を直撃取材しますが、西野七瀬は一言も言葉を発することなく、そのままタクシーに乗ってしまいました。

噂になっているワイルド系ディレクターが誰なのかを聞くために、突撃取材を行ったようですね。

この直撃取材の後も西野七瀬はこの文春砲に関しては一切のコメントをしていませんし、乃木坂46の運営サイドもノーコメントを貫きました。

だからこそ、ファンにしてみればどっちつかずで何だかもどかしい感じになってしまったということです。

西野七瀬の文春砲で噂になったディレクターって誰?

西野七瀬の文春砲で噂になったディレクターが誰なのかというと、30代のTV局ではなく、フリーで活躍しているディレクターのようです。

これ以外にもワイルド系ディレクターについてはかなり詳しい情報が分かりました。

・30代独身、フリーの番組ディレクター。ファッション関係の仕事もしている。

・東京下町出身、ワイルドな顔立ちでヒゲを生やしている

・ADから這い上がり、ディレクターを経て独立

・AKB48「マジすか学園」など、主に番組のメイキング映像を担当

・少し前まで日本テレビ系列の乃木坂46の番組「NOGIBINGO!」担当のプロデューサーに可愛がられていた

・アイドルとの顔が広く、他のタレントと何度か飲みに行ったこともある(タレントに手を出すことは御法度のため、西野七瀬との写真を見た関係者は激怒)

・2017年4月に女性関係でものすごく落ち込んでいたという証言あり(ここで西野七瀬と別れた?)

このワイルド系ディレクターというのは、アイドル業界に顔の広い人間だったようです。

仕事がアイドル番組を担当していたこともあり、プライベートで食事や飲みに行くということもあったようですね。

ワイルド系ディレクターの顔はどんな感じ?写真(画像)はあるの?

西野七瀬の文春砲の相手はワイルド系でイケメンということらしいですが、そうなると具体的に顔がどんな感じなのかが気になりますよね。

このワイルド系ディレクターの写真(画像)はあるのでしょうか。

スポンサーリンク

調べてみたところ、現在公開されているワイルド系ディレクターの写真(画像)はこの2枚のようです。

いくらアイドル業界に顔が広い人物でも、芸能人ではなく一般人ですので、顔は公開されていないようですね。

西野七瀬文春砲の続報や追加砲・第2弾はいつ発動?証拠もついに発覚?

今回の西野七瀬文春砲については続報や追加砲・第2弾はいつ発動したのかというと、だいたい初回の報道から二週間から1ヶ月くらい空けてでした。

内容としては、お泊りデートが発覚し、西野七瀬本人への直撃取材後に駄目押しとして、文春砲の証拠写真を出してきたという感じです。

渋谷での仕事の打ち上げ後に、西野七瀬とワイルド系ディレクターの二人がタクシーに乗って西野七瀬の自宅に向かったというものです。

ですが、言うほどの証拠写真にはなっていないんですね。

あとは、ワイルド系ディレクターを追跡した結果についてでした。

・2年間かけてようやく相手の男を特定できた

・ある日、偶然男を発見し翌日から自宅を張り込むが、一週間帰宅せず

・男に気づかれ、逃げられ、結局直撃できなかった

というものでした。

西野七瀬文春砲の全像はこんな流れです。

【2016年4月24日】
生放送仕事(恐らくシブヤノオト)終わりにメンバー送迎の車に乗車。
→1人だけ先に渋谷で降りる。 →男2人と合流。
→アディダスなどで買い物をし、居酒屋へ。 →居酒屋を出た後、男1人と別れる。
→残った2人でタクシーに乗り、当時西野が住んでいた自宅マンションの地下駐車場へ。
→出てきたタクシーに2人の姿はなかった(お泊まり確定)。 →翌朝6時頃、男が西野宅から出てくる。
→男を追うが、かなり警戒心が強かったため見失う。
(・電車内で何度も振り向く)
(・新宿駅に逃げ込み、構内で走り回ったり隠れたりして撒く)

【それから約1週間後】
午後8時頃、男が1人で西野宅へ。
→5時間ほど滞在。
→深夜1時頃に2人で外出。
→すぐにタクシーでどこかへ。
→ここでも2人の警戒心はかなり強く、またも見失う。
(・何度も振り向く)
(・後ろ向きでタクシーに乗り込む)

【2016年10月4日】
写真集イベント終わりに西野+スタッフで食事会。
→西野らが店を出たとき、スタッフの中にその男もいた。
→男を追うが、友人宅に泊まったため正体が分からず。

【2018年4月??日】 新宿の高級焼肉店(叙々苑)で女子会中の西野を発見。
→直撃を試みたが、逃げられる。
→このとき男といる能條を発見。
西野を諦めて能條を追い、スクープゲット。

確かに、この報道だとファンも食いつきそうなものですが、文春砲に対しての証拠があまりにも薄いんですよね。

西野七瀬はワイルド系ディレクターから食事に誘われていたことは認めたようですが、それ以上は詳細を話していないそうです。

これだけでは証拠はないにも等しいんですよね。

報道自体も2016年という2年も前の話ですし、逃げられない、コメントせざるを得ないような証拠写真もないですし、ちょっと信憑性が低いのでは、単に乃木坂ファンの興味を引きたいだけなのではと思ってしまう内容です。

西野七瀬に関する決定的スクープは取れなかったようですが、文春の取材班は西野七瀬のスクープを追っかけていた結果、同じ乃木坂46メンバーの能條愛未のスクープをゲットするというお土産をもらったんだそうです。

西野七瀬に枕の噂

今回の文春砲で西野七瀬には枕の噂が流れました。

これに関してはどうなのかと言うと、証拠が薄い以上は枕も何もないだろうということです。

火のないところに煙は立たないと言う言葉がありますから、事の真相はわかりません。

しかし、枕だとしても一介のフリーのディレクター相手にするものなのでしょうか。

大手キー局の大物プロデューサーなどならまだ分かりますが、枕にしては相手が小さくないですかと思ってしまいますね。

西野七瀬の文春砲は白か黒か

この西野七瀬文春砲について白か黒かと言うと、限りなく白に近いのではないでしょうか。

確かに、乃木坂46が恋愛禁止とはいえ、西野七瀬の年頃の女性ですから、彼氏がいたとしても可笑しくはないです。

しかし今回の報道はあまりにも証拠が薄く、報道を裏付けるものもないことから、白だと言わざるを得ないのではないでしょうか。

西野七瀬の文春砲は運営サイドのもみ消しか

西野七瀬の文春砲にこれだけ証拠が揃わないというのは、乃木坂46の運営サイドがもみ消しに走ったという見方もありますが、これもおそらくはないと思います。

そもそも週刊文春自体が運営サイドのもみ消しに乗るような出版社ではないですし、報道されてからは運営サイドも相手男性の素性を調べたりはしたと思いますが、もみ消しまではしてないでしょう。

直近の出来事ならともかく、2年も前の話ですからもみ消すも何もないと思います。

西野七瀬の卒業は文春砲が原因?

西野七瀬は2018年9月に年内での乃木坂46からの卒業を発表しました。

文春砲が出たのが2018年の5月ということもあり、一部のファンからは文春砲が卒業の原因なのでは囁かれているそうです。

これについてはどうでしょうか。

この噂については卒業の原因というより、むしろ西野七瀬がもしかしたら2018年で卒業するのではないかという読みから、文春砲として価値のあるうちに発表した方がいいのではないかということで発動させたような気がします。

2年も前の、証拠も薄い情報ですから尚更ですよね。

今回の西野七瀬の文春砲の場合は、乃木坂46に在籍している時期でないと意味がないような気がしますしね。

わざと文春砲を一度で終えずに、続報・第2弾と引き延ばしたのも、この西野七瀬の報道見たさに週刊文春デジタルの有料会員になる乃木坂ファンもいるという目論見が文芸春秋社には絶対にあったはずです。

西野七瀬を追っかけていた結果、同じ乃木坂46の能條愛未(のうじょう・あみ)のスキャンダルが取れたと言うことで良しとしているのかもしれません。

ですから、今回の文春砲が西野七瀬の卒業の原因ではないと思いますよ。

スポンサーリンク