仲村トオルの嫁・鷲尾いさ子は病気なの?実はパーキンソン病だという噂

Pocket

今回は俳優・仲村トオルに流れている噂についての真相を解明していきます。

現在は俳優として映画やドラマ、舞台で活躍しています。

実は最近ネット上では仲村トオルの嫁の鷲尾いさ子病気だという噂が流れているようです。

しかも病名は難病であるパーキンソン病とのことです。

実際のところ真相はどうなんでしょうか。

プロフィール

<仲村トオル プロフィール>

本名:中村亨(なかむら とおる)

生年月日:1965年9月5日

出身地:東京都大田区

身長:185cm

血液型:A型

<来歴>

東京都大田区に生まれ、0歳から3歳まで大阪府寝屋川市で育ち、幼稚園に入る前に神奈川県川崎市に転居。

小学校3年から千葉県流山市で育つ。

専修大学松戸高等学校、専修大学文学部卒業。

専修大学文学部在学中の1985年に『ヤングマガジン』に連載されていた漫画『ビー・バップ・ハイスクール』の映画化に際し公募された主演オーディションに応募し合格、映画主演デビューでの芸能界入りを果たす。

主役キャラクター“トオル”と本名が似ていたこともオーディション合格の一因となったことが、後にヤングマガジンの編集者によって語られている。

決定的となったのは、原作者のきうちかずひろが「自分がおもい描く“中間徹”にイメージがピッタリ」と言ったこと。

このオーディションについて本人は、「本物のツッパリの人もたくさん来ていて、僕みたいな普通の大学生みたいなのがいると目線が怖かったですよ、帰りに因縁つけられそうになったり」と後にラジオ番組で語っている。

『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズ、刑事ドラマ『あぶない刑事』と人気となった作品に立て続けに「トオル」役で出演したことで、広い世代に顔と名前が浸透し、人気を得た。

私生活では1995年(平成7年)9月に女優の鷲尾いさ子と結婚。現在、二児の父親でもあります。

仲村トオルの出世作といえば「ビー・バップ・ハイスクール」ですね。

この作品を無くして今の仲村トオルは存在しないのではないでしょうか。

「ビー・バップ・ハイスクール」は1980年代の若者に絶大な人気を誇った映画でした。

仲村トオルは「ビー・バップ・ハイスクール」で知名度と人気を獲得し、「あぶない刑事」で俳優としての人気を不動のものにしていったイメージがあります。

俳優としてはもう30年以上第一線で活躍しています。

ジミ婚の先駆者

仲村トオルは1995年に女優の鷲尾いさ子と結婚しましたが、当時はいわゆる美男・美女カップルということもあり、ワイドショーなどでも騒がれました。

当時、俳優と女優の結婚というと、派手に結婚式を開くなどのイメージがありましたが、仲村トオルと鷲尾いさ子にはそういったことはなく、いわゆる「ジミ婚」の先駆者とも言われていたんだそうです。

結婚後は夫婦で仲良くシャンプーのCMに出演するなど、仲睦まじい姿をファンに届けていました。

鷲尾いさ子は結婚を機に積極的に家庭に入るようになり、芸能活動をかなりセーブするようになりました。

結婚後の仲村トオルには実は浮いた話が一つもなく、家庭を愛し、妻を愛する愛妻家としてのイメージが今だに定着しています。

2008年、仲村トオルは「ベスト・ファーザー イエローリボン賞」を受賞しました。

嫁の鷲尾いさ子の病気が難病との噂

2012年位から嫁の鷲尾いさ子が病気なのではないかという噂が出始めます。

2013年には鷲尾いさ子が難病を患っているという記事が雑誌に掲載されてしまいます。

当時の記事はこんな内容です。

14才と9才の娘がいる仲村トオル(47才)は、5年前に「ベスト・ファーザー イエローリボン賞」に選ばれると、こう挨拶した。

子育てだけでなく、掃除、洗濯、食器洗いが大好きで、「アクティブな引きこもり」を自称する仲村。数

えるほどの特別な日にしか飲みに行くことがなく、仕事が終わるとそのまま自宅へと帰る彼は、芸能界きっての「イクメン」として知られている。

その一方で、妻・鷲尾いさ子(46才)は、いつの間にかテレビやスクリーンから遠ざかっていた。

子育てや自身の家事については楽しそうに語るのに、妻については言葉数が少なくなる仲村に、「夫婦仲が悪いのでは?」という声も最近では少なくなかった。

そのことについては仲村の近所でも話題になっていた。

鷲尾いさ子が芸能活動から離れていたことあり、周囲やマスコミが長い間ずっと静観していたんでしょうね。

「あのご夫婦は、昔は本当によく見かけたんですよ。一緒に買い物に出かけたり、娘さんと公園で遊んだり…。でも、3年くらい前からかな? 鷲尾さんの姿を見かけなくなったんですよ」

また別の近所住民もこう話す。

「それまではいつも鷲尾さんがしていたお子さんの学校への送り迎えも、仲村さんが代わりにするようになって、家の周りの草むしりなんかも彼がひとりでしてるんですよ」

芸能人同士の夫婦は目立っているだけに、ちょっとした変化にも周りが気づいてしまうんでしょうね。

 取材を進めると、仲村家は深刻な事態に陥っていた。

「実は、鷲尾さんが数年前から重病を患っているんです。症状はいい時もあるんですが悪い時になると歩くのもやっとで、外出することもままならない状態になるそうです」(夫妻の知人)

知人からの情報がリークされたということみたいです。

自分の知り合いから情報が漏れてしまうのですから、芸能人というのは因果な商売ですよね。

マスコミがこの間も細かい取材をしていたのかもしれませんね。

1999年に長女、2004年に次女を産み、子育てもひと段落して、女優としての再スタートを考えていたまさにその時、突如病魔が襲った。

原因は不明。

完治の難しい病気だった。

日本健康教育振興協会の菅原道仁会長がこの病気について説明する。

「50~60才くらいのかたに多い病気ですが、若いかたにも発症例が少なくありません。進行していくと、歩行や会話も困難になってしまう可能性もあります。現在は投薬やリハビリ治療によって日常生活に支障が出ないようにすることができるようになってきました」

専門家の話では、鷲尾いさ子は完治の難しい難病を患っているということです。

歩行も会話も困難になる位ですから、かなりの難病ということなのかもしれません。

鷲尾は継続的に治療を受けているが、いつ突発的に症状が出てしまうかわからないため、現在はひとりでの外出が困難になっているという。

そのため仲村が鷲尾に代わって、娘たちの送り迎えをするようになり、母親だけの参加で構わない学校行事には万が一のために、鷲尾に連れ添うようになった。

そんなふたりの姿に、事情を知らない他の母親たちが驚いたり、うらやましげに見つめることも少なくなかった。

病と闘う妻に寄り添い、2人の娘の子育てをし、家事全般もこなす。

もちろん仕事をセーブすることなく…。

現在も6月からの主演舞台『オセロ』の稽古に追われる日々だ。お手伝いさんや知人の手を借りることもあるが、しかし仲村はできるかぎり自分の手で家族を支える道を選んでいる。

仲村トオルは自身の俳優としての仕事を必死にこなしながらも、嫁である鷲尾いさ子や子供たちを全力で支えているということですね。

鷲尾いさ子の病気は難病であるパーキンソン病との噂

鷲尾いさ子の具体的な症状や病気については現在まで公表されていません。

仲村トオルも鷲尾いさ子の病気については今まで一言も話していません。

ですが、鷲尾いさ子の所属事務所は闘病中であるということを明かしたようです。

病名は謎に包まれたままですが、報道された症状から推測すると、鷲尾いさ子の病名はパーキンソン病なのではないかと言われています。

あとは筋萎縮性硬化症(ALS)であるという噂も出ています。

実際、どちらの病気を患っているのかはわかりませんが、一日でも早く回復することを祈るばかりです。