藤井フミヤの自宅はどこ?現在の住所は目黒区?それとも渋谷区松濤?

Pocket


<出典元:https://www.sankei.com/

今回は歌手・ミュージシャンの藤井フミヤについてです。

藤井フミヤは1983年にチェッカーズのリードボーカルとして芸能界デビュー。

チェッカーズはデビュー後すぐにベストテンを席巻することとなり、瞬く間に超人気グループに成長していきます。

その超人気グループであるチェッカーズの中でも、リードボーカルの藤井フミヤの人気は凄まじく、当時の中高生のアイドル的存在ともいえる人気っぷりでした。

そんな超人気グループのチェッカーズも約10年間の活動を経て、1992年に解散となります。

チェッカーズ解散後、1993年に藤井フミヤはソロミュージシャンとしての活動をスタート。

2ndシングル「TRUE LOVE」はフジテレビ系ドラマ「あすなろ白書」の主題歌に抜擢され、240万枚を超える大ヒット曲となります。

藤井フミヤはこの「TRUE LOVE」の大ヒット以外にも「Another Orion」などのヒットを重ね、ミュージシャンとして長者番付のトップに登り詰めることになりました。

その後は現在に至るまで、ソロミュージシャンとしての活動をし続けるなど、長期間に渡って第一線で活躍し続けています。

そんな、30年以上もの間、芸能界のトップに君臨し続けている藤井フミヤですから、さぞかし自宅はものすごい豪邸なのではと噂されています。

ネット上には「藤井フミヤの自宅が凄い、自宅は目黒区にある」という話もあれば、「藤井フミヤの自宅は渋谷区の松濤にある」という話もあります。

一体どっちが本当の話なんでしょうね。

今回の記事は、そんな大スターである藤井フミヤの自宅にスポットを当てていきたいと思います。

「藤井フミヤの自宅はどこ?現在の住所は目黒区?それとも渋谷区松濤?」と題しまして、噂の真相を解明していきたいと思います。

スポンサーリンク

藤井フミヤの自宅はどこ?


<出典元:https://thetv.jp/

それではまず最初に、藤井フミヤの自宅はどこにあるのでしょうか。

ネット上をくまなく調べてみると、必ず出てくるのが「藤井フミヤの自宅は目黒区」という説と、「藤井フミヤの自宅は渋谷区松濤」という二つの説です。

ということは、藤井フミヤの自宅は目黒区か渋谷区松濤のどちらかにあるということなのでしょうか。

この二つの説について検証していきたいと思います。

藤井フミヤの現在の住所は目黒区?


<出典元:https://www.news-postseven.com/

ネット上に流れている二つの説、まずは「藤井フミヤの自宅は目黒区」について検証していきます。

この目黒区説の発端は、藤井フミヤが目黒区に自宅兼事務所を建築していたということに始まります。

藤井フミヤは、1988年4月のチェッカーズ全盛の時代に東京都目黒区に自宅兼事務所を建てたということです。

スポンサーリンク

東京・目黒区の閑静な住宅街にある藤井フミヤの自宅兼事務所は、’88年4月に建てられた。

敷地は約110坪、地上3階、地下1階の豪邸で4台の車が駐車できる。

<引用元:https://www.jprime.jp/

このデータだけを見てみても、相当な豪邸だということが伺えます。

これが1988年に藤井フミヤが建てた自宅兼事務所です。

とてつもない豪邸なのが画像からも伝わってきますね。

ということは、藤井フミヤはこの1988年に建てたこの自宅兼事務所に今も暮らしていると思われるのですが、実は今は暮らしていないと思われるニュースが飛び込んでくることになります。

藤井フミヤが目黒区の自宅売却をしたというのは本当?


<出典元:https://www.barks.jp/

スポンサーリンク

2016年の11月に、藤井フミヤが目黒区の自宅兼事務所を売却したというニュースが流れます。

この藤井フミヤ自宅売却のニュースは、当時の芸能系週刊誌などにも掲載されることになりました。

─目黒区にあった自宅兼事務所の豪邸を昨年末に売りに出しましたよね?

「売りましたよ。築28年で物件が古くなったので、売りに出しました」

─古くなったからとは?

「ずっと使い続けようと思ってたんですが、雨漏りするようになって。修理して使っていたんだけど、直し続けていくのはお金もかかるし大変なんですよ」

─ボヤ騒ぎがあったことを気にしていたという話を聞きましたが……。

「あー、そんなこともありましたね。カミさんが天ぷらを揚げていてセコムが煙に反応しちゃったんです(笑)。家を買った当初の話で、今回の売却には関係ないですよ」

たまたま売却の話がまとまったのだという。

<引用元:https://www.jprime.jp/

実際、このように藤井フミヤは週刊誌のインタビューにも答えており、売却したのは2015年ということです。

建物が古くなったからと言って、あれほどの豪邸を売りに出すとはまだまだ金銭的に余裕があるということでしょうね。

恐るべし、藤井フミヤ!!

藤井フミヤの現在の自宅住所は渋谷区松濤なの?


<出典元:https://www.lmaga.jp/

目黒区の閑静な住宅街にあった自宅兼事務所を2015年に売却していたという藤井フミヤ。

ということは、ネット上にある二つの説の内、一つは消えたということになります。

残りの説は「藤井フミヤの自宅は渋谷区松濤」という説になります。

実際に藤井フミヤは渋谷区松濤に住んでいるのでしょうか。

詳しく調べていきたいと思います。

この「藤井フミヤの自宅は渋谷区松濤」という説を詳しく調べてみたところ、2003年9月13日のテレビ東京系「出没! アド街ック天国」で藤井フミヤの自宅が松濤にあるということを放送しているというのだ。

松濤には著名人の豪邸が数多く建ち並んでいます。

麻生政調会長のご自宅や扇千景大臣のご自宅もあります。

芸能人だと、森進一さん、山本富士子さん、デビ夫人、藤井フミヤさん、B’zの稲葉さんのご自宅があります。

漫画家・江川達也氏の豪邸は、1億円のアトリエと2億円の自宅部分に分かれています。

アトリエは、3階までの吹き抜けを利用した仕事兼ゲストルームになっています。

<引用元:https://www.tv-tokyo.co.jp/

「出没! アド街ック天国」では、このように放送されたそうです。

また、こんな記事もあります。

東京・目黒区の閑静な住宅街にある藤井フミヤの自宅兼事務所は、’88年4月に建てられた。

敷地は約110坪、地上3階、地下1階の豪邸で4台の車が駐車できる。

その後、’03年にはほど近い場所に一軒家を建て引っ越すと、以降は事務所として長らく使用していた。

しかし、最近は人が出入りしている気配がまったくないという。

<引用元:https://www.jprime.jp/

先ほどの自宅兼事務所の売却に関する週刊誌の記事にも、2003年に目黒区にほど近い場所に一軒家を建てたと書かれています。

自宅兼事務所のあった目黒区と渋谷区松濤は、確かにほど近い場所とも言えます。

ということは、「出没! アド街ック天国」と週刊誌の記事を合わせても、藤井フミヤの現在の自宅、住所は渋谷区松濤だという説が事実ということになりますね。

藤井フミヤの現在の自宅の画像はあるの?


<出典元:https://www.jprime.jp/

東京都渋谷区松濤に現在の自宅があることが分かった藤井フミヤですが、自宅の画像は存在しているのでしょうか。

以前の目黒区の自宅兼事務所はかなりの豪邸でしたから、松濤の自宅も相当な豪邸だと想像できますよね。

ところが、現在の松濤の自宅画像を探してみたものの一切出てきませんでした。

売却した目黒区の自宅兼事務所の画像は沢山出てきますが、松濤の自宅の画像は見つかりませんでした。

そこはさすがに芸能人ですから、プライバシーを守るために徹底して明かさないようにしているのかもしれませんね。

藤井フミヤの自宅画像は見つかりませんでしたが、渋谷区松濤というのはこの程度の広さしかない地域です。

もしかしたら、この付近を散歩してみたら藤井フミヤの自宅が見つかるかもしれません。

松濤という地域は渋谷駅の近くで、超高級住宅街でも有名ですから、豪邸探索のために足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク