椎名林檎って整形なの?外科の意見と顔の変化から真相を解明

Pocket

今回は歌手・ミュージシャンの椎名林檎についての噂の真相です。

椎名林檎と言えば日本を代表する女性シンガーソングライターです。

デビュー以来、数々のヒット曲を発表し、第一線で活躍しているミュージシャンです。

特に同性である女性のファンが多いことでも有名で、個性のあるファッションやスタイルは世間の女性に影響を与え続けています。

現在の日本のミュージック・シーンにおいてカリスマと呼ばれる存在でもあります。

スポンサーリンク

プロフィール

<椎名林檎 プロフィール>

本名:椎名  裕美子(しいな ゆみこ)

生年月日:1978年11月25日

出身地:埼玉県さいたま市(のちに福岡県福岡市へ移動)

血液型:O型

<略歴>

1978年、埼玉県浦和市(現・さいたま市)生まれ。

4歳の時に祖母に頼んでピアノを始める。

1990年、小学6年生の時に父親が福岡支店の勤務となり、福岡県福岡市早良区へ引越す。

中学時代、友人とバンドを結成して学園祭などで何度か演奏するも解散。

高校に進学すると軽音楽部に入部、いくつものバンドを掛け持ちしてさまざまな楽器を担当する。

軽音部のバンドはコピー・バンドが多かったので、洋楽・邦楽問わずコピーばかりを演奏していたが、次第に自分で曲を作るようになる。

そして学内だけでなく学外の友人ともバンドを組むようになり、ライブハウスでも演奏するようになる。

1994年、高校1年生の時に第19回ホリプロタレントスカウトキャラバン 放課後の決選〜カラオケ・バトルロイヤルに出場。

1995年、高校2年生の時に『Marvelous Marble(マーベラス・マーブル)』というバンドで「第9回 TEENS’ MUSIC FESTIVAL」に出場。

福岡地区で1位となり全国大会に進出、奨励賞を受賞する。

また、高校2年の3学期が終わると同時に高校を中退。

ピザ屋や警備員等のバイトをしながらデモテープを作る日々を送る。

1996年、フリーター生活をしながら「The 5th MUSIC QUEST JAPAN」の福岡大会に再びバンドで出場するが、大会関係者にソロ転向を勧められて決勝の「MUSIC QUEST JAPAN FINAL」には「椎名林檎」として出場、「ここでキスして。」を歌って優秀賞を獲得している。

地方予選の段階でいくつかのレーベルから声がかかり、その中から東芝EMI(現・EMI RECORDS)を選んで契約する。

1998年5月27日、東芝EMI(当時)からシングル「幸福論」でデビュー。

9月9日、セカンド・シングル「歌舞伎町の女王」を発売。

渋谷系をもじった新宿系を名乗り、話題となる。

1999年1月20日、サード・シングル「ここでキスして。」をリリース。

2月24日、ファースト・アルバム『無罪モラトリアム』をリリース。

先行シングル「ここでキスして。」のヒットを受けてミリオンヒットを記録する。

椎名林檎は幼少よりピアノを始め、中学からは友人などとバンドを組みながら音楽をしていたようです。

高校に入り、音楽活動はより本格化し、高校を中退後は作詞・作曲にのめり込む毎日を送ります。

数々のバイトをしながらコンテストにも積極的に参加し、多くの入賞を果たします。

コンテストの受賞がきっかけでレコード会社から声がかかるようになり、1998年にメジャーデビューを果たします。

個性あふれる楽曲はデビュー当初から話題になります。

デビュー翌年には早くもミリオン・ヒットを飛ばし、トップ・ミュージシャンの仲間入りを果たしました。

椎名林檎は整形外科通いなの?

椎名林檎がデビューし、人気になるに従い、「椎名林檎は整形しているのでは?」という噂が出始めます。

年々雰囲気も変わっているように感じるので、頻繁に整形外科に通っているのではないかという意見もあるくらいです。

特に椎名林檎のメジャーデビュー前をよく知っている人は、とても印象が変わっているように見えるらしいです。

これは椎名林檎が15歳(高校一年生)の頃、「ホリプロ・スカウトキャラバン」に出た時の写真です。

確かに面影は感じられるが、少し目鼻立ちは地味に見えます。

これもアマチュア時代の一枚だ。

とてもミュージシャンになるとは思えないほど素朴な雰囲気ですね。

今の椎名林檎の雰囲気とはかなり違いますね。

スポンサーリンク

デビュー後、椎名林檎の知名度が上がった頃の一枚ですね。

20代前半の頃だと思いますから、可愛らしさもありますね。

このあたりからもうアマチュアの頃とは大分雰囲気が違いますね。

これも明らかにアマチュア時代とは違って見えます。

特にが違いますね。

まつ毛の違いもありますが、高校生の頃の写真では目が一重か奥二重ですが、この写真では二重のラインがハッキリ見えますね。

これはメイクの技術なんでしょうか。

二重のクッキリさがより際立っているような感じですし、鼻の形もアマチュア時代よりスッキリしているような感じがします。

これは目頭切開なんでしょうか。

椎名林檎は毎回髪型もメイクもファッションもガラリと変えてくるので、似たような写真が少ないんですよね。

それだけ美意識が高く、こだわりがあるということなんでしょうね。

これは割と最近の一枚でしょうか。

ステージでの写真でないということもありますが、また雰囲気が違いますね。

ただ、一貫して言えることはアマチュアの頃とは目鼻立ちが大分違うということですね。

今はメイクの技術もかなり発達していますし、どのくらいの変化が整形になるのかは分からないですね。

整形外科の意見はどうなのか

椎名林檎の顔の変化について整形外科の意見、専門家の意見はどうなんでしょうか。

どうジャッジを下しているのでしょうか。

「高須クリニック」高須克弥院長の意見

美容整形外科クリニックで有名な「高須クリニック」の高須克弥院長が、取材で椎名林檎の変化についてコメントしているんです。

これは美容整形の専門家の意見ですからとても貴重な意見だと思います。

ーーところで、安室さんと同じく90年代にデビューし、現在も第一線で活躍する女性歌手といえば、aikoさん、浜崎あゆみさん、宇多田ヒカルさん、椎名林檎さんが思い浮かびます。劣化知らずとして有名な安室さんに対して、この4人の印象はいかがでしょう?

高須「そもそも、安室さんは老けが目立ちにくいタヌキ顔だし、経産婦の割に体形の変化も見られないし、ライブもダンスが売りで普段の運動量も多そうなので、老ける要素が少ないと思うんだよね。対して、浜崎さんはたるみに影響するのであまり体重を増減させないほうがいいかもね。宇多田さんは藤圭子さんが母親だけあって肌もきれいだし、若い頃から少しふっくらしていたのがかえってハリに繋がっているね! あと椎名さんはコレ(写真を見ながら)……ちょこちょこメンテナンスしてないかなぁ? 元がわからない状態になっちゃってるぞ!」

――椎名さんはそんなウワサもチラホラありますね。

美容整形の素人がいくら整形疑惑を持ち出しても信憑性は低いです。

ですが、美容整形の手術を実際にしている専門家の意見はかなり確信に近いですよね。

専門家の高須先生が、

「ちょこちょこメンテナンスしてないかなぁ? 元がわからない状態になっちゃってるぞ!」

と言っているということは、椎名林檎の整形疑惑はもう疑惑ではないということなんでしょうか。

それとも、美容整形の専門家の目を欺くほど、椎名林檎のメイクは卓越した技術だということなのでしょうか。

皆さんはどう思いますか?

スポンサーリンク