元乃木坂46深川麻衣の性格良すぎという噂!聖母にふさわしいエピソードを紹介

Pocket

今回は元乃木坂46の深川麻衣についてです。

乃木坂46を卒業後、現在深川麻衣は女優として映画やドラマに出演し、活躍しています。

深川麻衣といえば、乃木坂46に在籍中の時から言われていることは何と言っても性格がいいということ。

性格がいいというより、むしろ性格が良すぎとまで言われています。

深川麻衣には性格いいエピソードも数多くあるのですが、どれも心温まるエピソードばかりです。

今回はそんな深川麻衣の性格について調べていきたいと思います。

元乃木坂46深川麻衣の性格良すぎという噂!聖母にふさわしいエピソードを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

プロフィール

<深川麻衣 プロフィール>

本名:深川麻衣(ふかがわ まい)

生年月日:1991年3月29日

出身地:静岡県磐田市

身長:162cm

血液型:O型

<略歴>

高校1年生の時、芸能界へ憧れ、歌やダンスが好きだったことから静岡県浜松市のダンススクール『ヒーローズアカデミー』に入学。

高等学校を卒業後、芸能界を目指して上京する前に手に職をつけた方がよいと考え、愛知県名古屋市にある二年制の服飾専門学校へ進学した。

専門学校を卒業後、後悔するよりも挑戦した方が納得できると考え、両親に相談した結果、母親から「期限を決めて頑張りなさい」、「1年やってみてダメだったら帰ってきなさい。ただし、お金は自分で貯めなさい。引き際も自分で決めておきなさい」と言われ、自分で生活費を稼ぐのであればという条件のもと芸能界を目指すことが認められた。

2年間暮らしていた愛知県名古屋市から、東京都へ移り住んだ。

上京後、アルバイトをこなしつつ、女優やモデルのオーディションを受験した。

2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションではaikoの「KissHug」を歌った。

合格後、乃木坂46のレッスンは土日のみでアルバイトも禁じられていたことから金銭的余裕がなかった。

2012年2月22日、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」のカップリング曲「左胸の勇気」「失いたくないから」でCDデビューした。

しかし、デビューシングルで選抜メンバーに選ばれなかった経験から、乃木坂46の2ndシングル「おいでシャンプー」のカップリング曲「狼に口笛を」で気持ちを切り替えて挑み、2012年6月18日、乃木坂46の3rdシングル「走れ!Bicycle」で初の選抜メンバーを務めることが発表された。

2014年5月12日、乃木坂46の9thシングル「夏のFree&Easy」で初の福神を務めることが発表された。

2015年8月31日、乃木坂46の13thシングル「今、話したい誰かがいる」で初のフロントポジションを務めることが発表された。

2016年1月7日、乃木坂46の14thシングル「ハルジオンが咲く頃」をもってグループを卒業することを発表した。

卒業は2015年2月22日の『乃木坂46 3rd YEAR BIRTHDAY LIVE』から考え始め、乃木坂46の13thシングル「今、話したい誰かがいる」の制作終了後、スタッフに意思を伝え、決定した。

2016年6月16日、静岡県のエコパアリーナで開催されたコンサートをもって乃木坂46を卒業した。

2016年9月、芸能事務所テンカラットへ移籍し、女優として活動を始める。

深川麻衣の略歴を読んでいると、乃木坂46という超人気アイドルグループにいながらも、苦労人であったことが分かります。

両親からはお金の工面が一切ない状態で上京し、アイドル活動の下積みをしていたそうです。

そして、乃木坂46に入ってからも、当初はフロントメンバーではなく、アンダーメンバーを余儀なくされながらも、ひたむきに一つ一つの仕事に向き合って行っていたんだそうです。

乃木坂46卒業時には、深川麻衣はむしろグループを代表するメンバーになっていましたが、それはこうした深川麻衣のひたむきさ、真面目さ、人格があったからだったのかもしれません。

ファンはこういう深川麻衣の一つ一つの行動を見ていたんでしょうね。

深川麻衣の性格がいいというより、むしろ性格良すぎという噂

これは、深川麻衣が乃木坂46に在籍している初期のころから言われてきていることみたいですが、深川麻衣はとにかく性格がめちゃくちゃいいみたいなんです。

スポンサーリンク

これはもう単に性格がいいというレベルではなく、性格良すぎとまで言われています。

深川麻衣は顔立ちからも穏やかなイメージを持ちますが、まさにその通りのようで、深川麻衣と接した人がみな口を揃えて「性格がいい」というわけですから、本当に性格がいいんだと思います。

顔も可愛くて、性格もいいというんですから、男にしてみれば限りなく理想に近い女性ではないでしょうか。

性格が良いから、ついたあだ名は「聖母」

深川麻衣には有名なあだ名があるのですが、そのあだ名は何と「聖母」です。

あまりにも性格がいいから、「聖母」というあだ名がついてしまったんです。

深川麻衣に「聖母」というあだ名をつけたのは、乃木坂46の川後陽菜なんだそうです。

乃木坂46時代に深川麻衣と仲のよかった川後陽菜は、常日頃深川麻衣と一緒にいることが多かったんだそうです。

その中で、深川麻衣の性格があまりにもいいので「聖母」というあだ名をつけたんだそうです。

しかも、この「聖母」というあだ名に対し、誰一人口を出すメンバーはいなかったんだそうで、誰もが深川麻衣は「聖母」だと納得してしまったんだそうです。

同性からこれだけ「性格がいい、聖母」だと言われる深川麻衣は本当に性格が良いんだと思いますよ。

深川麻衣の聖母にふさわしいエピソードを紹介

これから深川麻衣の「聖母」にふさわしいエピソードを紹介していきたいと思います。

どれも「聖母」を匂わせるエピソードばかりですよ。

「輪に入れないメンバーに話しかけて誘う」

「お世話になっている人のプレゼントを欠かさない」

「上京したばかりのメンバー(川後陽菜)を高校に毎日送迎してあげる」

「番組企画で乃木坂46メンバーの嘘エピソードに真摯な対応をする」

「乃木坂46時代に、メンバーの悪口を言っている姿を誰も見たことがない」

これは、主に乃木坂46に在籍中に番組で語られたエピソードですが、どれも性格の良さが滲み出ているものばかりですよね。

このエピソードの中にある、

「上京したばかりのメンバー(川後陽菜)を高校に毎日送迎してあげる」

というエピソードですが、川後陽菜は上京したばかりで東京の道が分からないので、迷わないようにという思いで、毎日深川麻衣が高校まで送迎していたんだそうです。

こういうことをしてもらっていたからこそ、「聖母」というあだ名をつけたんでしょうね。

深川麻衣は乃木坂のメンバーだけでなく、ファンからもとても印象がいいイメージを持たれています。

「人当たりがソフトで、お高く留まっている噂が皆無」

「握手会ではファンとガッチリと握手を実行」

「ファンの悩みを親身になって聞き共に悩み解決へ導く」

「基本的に短所は見ず、相手の長所を多く探そうとする」

「怒っている姿の目撃が全くない」

このエピソードも心温まりますね。

握手会ではファンとしっかり、握手をしてくれて、ファンの悩みまで親身に聞くんですから、これは凄いですよ!

ファンならこんなことをしてもらったら、感激するしかないのではないでしょうか。

深川麻衣は、乃木坂46時代はメンバーの中でも最年長だったからこそ、みんなの優しいお姉さん的立場でグループを支えていたんだそうです。

乃木坂46を卒業後は女優として芸能界で仕事をし続けるということですので、その優しさと「聖母」のような心でこれからも頑張ってもらいたいですよね!

ファンはみんなが心から深川麻衣を応援しているのではないでしょうか。

スポンサーリンク