相田翔子が創価学会の会員だという噂は本当なの?噂の発端はどこから来てるの?

Pocket


<出典元:https://www.crank-in.net

今回は女優・タレントの相田翔子についての噂です。

相田翔子といえば超人気デュオ「Wink」で一世を風靡し、日本レコード大賞も受賞するなどで、今の40代以上の方ならファンだった方も多いのではないでしょうか。

「Wink」時代はミステリアスな雰囲気であり、とても愛らしい可愛さもあり、男女問わず大人気でした。

アラフィフと言われている今でもその可愛い美貌は維持しており、「美魔女」などとも言われていますね。

そんな相田翔子ですが、ネット上などでは「創価学会の会員なのでは?」という噂が流れているようです。

皆さんもご存知の通り、芸能界では創価学会の会員だという人はたくさんいますが、そのほとんどの人は比較的早い段階から噂になっている方ばかりです。

それとは違い、相田翔子の場合は、どうも最近になって急に創価学会の会員なのでは?という噂が流れているようなのです。

実際のところ、噂は本当なのでしょうか。

そこで今回の記事では、「相田翔子が創価学会の会員だという噂は本当なの?噂の発端はどこから来てるの?」と題しまして、噂の真相を解明していきたいと思います。

スポンサーリンク

相田翔子が創価学会の会員だという噂は本当なの?噂の発端はどこから来てるの?


<出典元:https://www.daily.co.jp

それでは、早速相田翔子が創価学会の会員だという噂の真相を解明していきたいと思います。

芸能界には創価学会の会員だという方は大勢いるのは周知の事実ですが、芸能人が創価学会の会員ではないかという噂になるケースというのは、

① 芸能界に入ってから、先輩や周りの方の勧めで入会したことがバレる

② 結婚相手などの影響で入会したことがバレる

③ 芸能界に入る前から会員だったことがバレる(小さい頃から、両親など身近の方の影響で)

④ 創価学会の会員だということ自体がデマ情報

だいたいこの4つに収まることが多いです。

相田翔子の場合はどれが当てはまるのでしょうか。

先ほど上げた4つのケースについて、これから調べていきたいと思います。

相田翔子が芸能界に入ってから、先輩や周りの方の勧めで入会したことがバレたのか


<出典元:https://www.baitoru.com

まず最初は、相田翔子が芸能界に入ってから、先輩や周りの方の勧めで入会したことがバレたのかということについてです。

これについては多方面に渡って調べてみましたが、相田翔子が芸能界に入ってから創価学会に入信したという証拠は見つかりませんでした。

よく聞くのは、創価学会芸術部の大幹部であるタレントの久本雅美が勧誘して入信するケースが多いということでしたが、相田翔子の場合は違うようです。

スポンサーリンク

相田翔子と久本雅美は日本テレビ系の「メレンゲの気持ち」(2005年1月〜2007年3月)で共演していますが、この共演がきっかけで創価学会に入信したわけではなさそうです。

この「メレンゲの気持ち」に出演することで久本雅美とも仲が良くなり、相田翔子は創価学会に入ったのではないかと噂されたようですが、実際は違うようです。

むしろこの共演は相田翔子が既に創価学会の会員だったことで、大幹部である久本雅美との共演に繋がったとまで言われているようです。

他の芸能人から創価学会に勧誘されたという話も全く出てきませんんし、どうも相田翔子は芸能界に入ってから創価学会に入信したわけではないようですね。

相田翔子の結婚した夫が噂の発端か


<出典元:https://grapee.jp

次は相田翔子の結婚した夫にスポットを当ててみたいと思います。

結婚前は創価学会の会員ではなかったが、結婚を機に創価学会に入信するケースも多いようです。

結婚相手や、相手の家族などが創価学会の会員である場合、結婚後に入信するケースがあるとのことです。

そこで、相田翔子の夫は創価学会の会員なのかどうかを調べていきたいと思います。

相田翔子の結婚相手についてですが、相田翔子の夫は相澤宏光という方で、表参道美容皮膚科原宿本院という病院の院長なんだそうです。


<出典元:https://omotesando.info

相田翔子は医者と結婚したんですね。

この夫の相澤宏光が創価学会の会員なのかどうかについてですが、どうもこの夫の相澤宏光は創価学会員ではないようです。

この夫である相澤宏光の家系はかなり凄いようで、父親は自民党の元大幹部の相澤英之、母親は大女優の司葉子というかなりの良家とのことです。

夫の相澤宏光の父親が自民党の元大幹部の政治家ということもありますし、母親の司葉子が創価学会員という噂も流れていないので、家系的に創価学会員ということは考えづらいようです。

相澤宏光の父親が自民党ではなく、公明党の政治家なら創価学会員確定なんですけどね。

ということから、相田翔子は夫が創価学会員だったので、結婚を機に創価学会に入信したということではないようですね。

相田翔子は芸能界に入る前から創価学会の会員だったのか


<出典元:https://www.vario-media.net

スポンサーリンク

次は、相田翔子が芸能界に入る前から創価学会の会員だったのかということについて詳しく調べていきたいと思います。

芸能界に入る前の入会というと、相田翔子の両親などの家族が創価学会の会員だというケースで、自然と相田翔子も創価学会の会員になっていたということになります。

芸能界でいうと、石原さとみなんかはこのケースで創価学会の会員になったんだと思いますね。

石原さとみの両親が創価学会の会員だという話は有名ですし、両親の影響もあってか石原さとみは創価中学・創価高校出身という筋金入りです。

相田翔子の場合はどうなのでしょうか。

それでは相田翔子の家族について調べていきたいと思います。

相田翔子の両親や家族は創価学会の会員なのか


<出典元:https://www.msn.com

それでは最後の検証として、相田翔子の両親や家族が創価学会の会員なのかについて調べていきたいと思います。

相田翔子の父親、母親について調べてみましたが、これといって創価学会の会員の確証になる大きな証拠は出てきませんでした。

相田翔子は今までの芸能生活において、インタビューなどでもあまり自分の家族について話をしてきてないようです。

どちらかというと、創価学会員であったとしてもあまり大っぴらにカミングアウトはしないと思うので、証拠もないのかもしれませんね。

意外なところから相田翔子が創価学会員である証拠が・・・


<出典元:https://www.daily.co.jp

相田翔子が創価学会員だという噂は多方面から聴くものの、これといって噂の真相に迫る証拠が出てこなかったのですが、何と意外なところから証拠に繋がるものが出てきました。

それは相田翔子がWink時代に出した本です。

↑この本です。

この本はWinkが全盛期の頃に出した「Twinkle Angels」という本で、Winkの相田翔子と鈴木早智子の二人のプライベートにスポットを当てた本で、発売当時はかなり売れた本なんだそうです。

この本の中には「憧れ対談」というコーナーがあり、Winkの二人が芸能界で憧れている人と対談をするというコーナーがあります。

そこで、相田翔子がこの「憧れ対談」で誰を選んだのかというと、女優の岸本加世子を選んでいるんですね。


<出典元:https://www.weblio.jp

なぜ相田翔子は「憧れ対談」で岸本加代子を選んだのか。

ちなみに、この岸本加世子は創価学会芸術部員の大幹部の一人です。

芸能界では有名な創価学会員です。

相田翔子は芸能界でデビューする前から岸本加世子の大ファンだったようです。

しかも、相田翔子と岸本加世子はこの「憧れ対談」でこんな話をしてます。

「最近、電話でお話しする機会があったのよね。最初なんてツアーで地方に行っていた翔子ちゃんに、突然私の方から電話しちゃってね。」←初対面のはずなのに

「確かに用事もあったのだけれでも、お知り合いになれたらいいなってと思って、それで面識もないのにいきなりホテルに電話したの」

「この間もお母様と電話で30分くらい電話でしゃべったの」

二人の「憧れ対談」ではこんな話をしているのですが、よくよく考えてみると、これは変な話だと思いませんか?

「最近、電話でお話しする機会があったのよね。最初なんてツアーで地方に行っていた翔子ちゃんに、突然私の方から電話しちゃってね。」

「確かに用事もあったのだけれでも、お知り合いになれたらいいなってと思って、それで面識もないのにいきなりホテルに電話したの」

創価学会芸術部員幹部の岸本加世子が、全く面識のない相田翔子に電話をしたということです。

しかも相田翔子がコンサートツアーで地方に行っていた時に。

理由はお知り合いになれたらいいなって思って、いきなりホテルに電話したんだそうです。

これはちょっとおかしいですよね。

普通、面識もなくて、いきなり相手の泊まっているホテルに電話しますか?

明らかに創価学会関連の用事で電話をしたんじゃないですかね。

「この間もお母様と電話で30分くらい電話でしゃべったの」

岸本加世子は娘である相田翔子と面識もないのに、相田翔子の母親と電話で30分くらい話したんだそうです。

これもおかしな話ですよね。

普通、娘と面識もないのに母親と電話で話なんかしますか?

これも相田翔子の母親が創価学会の会員だからできる創価学会関連の電話じゃないですか?

相田翔子が「憧れ対談」に岸本加世子を選んだのも、相田翔子の母親を含めて、自分も学会員だからこそ、創価学会芸術部員の大先輩の岸本加世子を指名したんんじゃないですかね。

こう考えると、すごくしっくりきます。

また、この「Twinkle Angels」という本で相田翔子は好きな女優の欄に「泉ピン子、岸本加代子」の二人を挙げています。

この泉ピン子、岸本加世子は二人とも創価学会員ですし、芸術部の大幹部です。

これも単なる偶然ですか?

敢えて相田翔子は創価学会員の先輩を選んだんじゃないですかね。

ここまで来たら、この時点で相田翔子は創価学会員だということはもう決まりじゃないですかね。

先ほどの岸本加世子と相田翔子の母親の電話の件もありますから、相田翔子の家族も含めて創価学会の会員だというのはもう確定だと思いますね。

まとめ


<出典元:https://www.dailyshincho.jp

さて、創価学会員だということが確定した相田翔子ですが、さらに調べてみると相田翔子はかなり熱心な創価学会信者なんだそうです。

相田翔子は2008年の38歳の時に結婚したのですが、美貌の持ち主にも関わらず婚期が遅くなったのも、創価学会の活動に相当熱心になっていたからという噂まで流れています。

しかし、婚期が遅くなっても結婚相手は超良家の医者で、しかも美容皮膚科の院長なのですから、充分に相田翔子は勝ち組と言ってもいいのではないでしょうか。

ぜひ、これからも創価学会の活動とともに、さらに幸せの道を開拓していって欲しいと思います。

スポンサーリンク