反町隆史はジャニーズ時代もやっぱりカッコいい!なんで辞めたの?クビなの?

Pocket

今回は、俳優・反町隆史についての噂です。

反町隆史と言えば、デビュー以来常に二枚目俳優として活躍し続けています。

映画やTVドラマ、CM等で活躍し、容姿端麗なことからモデルとしても活動しています。

現在もTVなどで活躍している反町隆史ですが、実は元ジャニーズだということはご存知ですか?

あまり知られていないのですが、反町隆史は昔ジャニーズ事務所に所属していたんですね。

反町隆史のジャニーズ時代についてはいろいろな噂が流れているのですが、今回はそんな反町隆史のジャニーズ時代についての噂の真相を解明していこうと思います。

プロフィール

<反町隆史 プロフィール>

芸名:反町隆史(そりまち たかし)

本名:野口隆史(のぐち たかし)

生年月日:1973年12月19日

出身地:埼玉県さいたま市南区

身長:181cm

血液型:A型

<略歴>

浦和市立大谷場小学校(現・さいたま市立大谷場小学校)、浦和市立大谷場中学校(現・さいたま市立大谷場中学校)、浦和情報文化専門学校(現・浦和専門学校)高等課程情報ビジネス科中退。

専門学校高等課程在学中からモデルなどを経験。

デビュー当初はジャニーズ事務所に所属しており、平家派のメンバーとして光GENJIのバックダンサーを務めていた。

中学3年生であった当時は本名の野口隆史で芸能活動をしていた。

16歳の時にはモデル事務所に所属し、ファッションモデルとして活動、パリ・コレクションにも出演。

以降、プライベートで、ボクシングジムに通い体作りに取り組んだり、詞を書きとめ続ける創作活動に取り組む。

1994年春に所属事務所を研音に移籍してからは俳優として活躍。

この時に現在の芸名に改名する。

由来は龍反町で、社長が「龍のような男になれ」という願いを込めて名付けたという。

1994年7月にテレビドラマ『毎度ゴメンなさぁい』で俳優デビュー。

以降、テレビドラマを中心に活躍する傍ら、1997年から歌手としても音源リリースやライブ活動などを積極的に敢行。

1997年から1998年にかけて『バージンロード』、『ビーチボーイズ』、『GTO』といった話題作に立て続けに出演し、高視聴率を獲得。

特に『GTO』は、最高視聴率35.7%を記録し、大ヒットとなった。

ドラマ『GTO』で共演した松嶋とは、『GTO』撮影終了から約1年後の1999年11月に交際がスタートし、2001年2月21日ZEPP TOKYOでのライブ(国内最後のライブとなっている)を終えた後に結婚。

2月22日に、反町自身の公式サイトでファンに報告し、フジテレビのスタジオで、反町、松嶋2人揃って会見を開いた。

2人の人気は当時絶頂であり、ビッグカップル誕生と騒がれた。

2004年5月31日に長女、2007年11月30日に次女が誕生自身がプライベートと仕事を区別し、さらには公私混同を避けているため、子供は一切公表していない。

2015年10月、『相棒』シリーズに杉下右京の4代目相棒役として起用され、season14から登場している。

反町隆史は埼玉県の浦和で生まれ育ったようです。

中学生の時にはジャニーズ事務所に所属し、芸能活動を開始します。

ジャニーズ事務所退所後はモデルとして雑誌等で活躍します。

現在の事務所である研音に所属後、俳優として活動の幅を広げることになります。

ドラマのヒット作にも恵まれ、知名度も全国区になります。

私生活では女優の松嶋菜々子と結婚、双方人気絶頂の時の結婚ということもあり、ワイドショーを賑わせました。

最近ではドラマ「相棒」シリーズで水谷豊との共演が話題となっています。

反町隆史はジャニーズ時代もカッコいい

中学生の時にジャニーズ事務所に所属していたという反町隆史ですが、やっぱりその頃からカッコいいんです。

これはジャニーズ時代の反町隆史ですが、面影がありますね。

とても爽やかな雰囲気でカッコいいですよね。

これはジャニーズ事務所に入りたての頃のようです。

目元がキリッとしていて、現在の雰囲気がそのまま出てる感じですね。

平家派というグループのメンバーとして活躍

反町隆史はジャニーズ時代、「平家派」という1988年に結成されたグループに所属していたそうです。

当時の人気グループであった「光GENJI」のバックダンサーをやっていたんだそうです。

「光GENJI」の源氏に対抗して平家としたんでしょうね。

この「平家派」には当時30人以上のメンバーがいたのですが、「平家」という愛称で親しまれ、『光GENJI』の人気曲「剣の舞」のバックダンスを努めていて、曲名さながら剣を持ってダンスを披露していたんですよ。

この反町隆史が所属していたグループ「平家派」はのちに活動途中で解散してしまいます。

ですが、この「平家派」は反町隆史の他にも、意外なメンバーが所属しています。

反町隆史のジャニーズ時代の同期が超豪華

反町隆史が所属していた「平家派」というグループはメンバーが超豪華なんです。

現在もTVで活躍しているメンバーばかりなのがスゴいんです。

反町隆史のジャニーズ時代の同期はかなりの粒ぞろいだったんですね。

どうでしょうか。

よく見てみると、TVで見覚えのある感じの人が多くないですか?

TOKIO・城島茂

TOKIO・山口達也

TOKIO・国分太一

V6・坂本昌行

V6・長野博

V6・井ノ原快彦

野口隆史 (反町隆史)

WANDSのボーカル 和久二郎

途中でメンバーも入れ替わりもあったそうですが、錚々たるメンバーが所属していました。

この「平家派」から、のちの「TOKIO」「V6」のメンバーになる人が多かったようですね。

これは「TOKIO」の国分太一と一緒の一枚ですね。

今考えてみるとものすごい貴重なツーショットですよね。

なんでジャニーズを辞めたの?クビなの?

反町隆史は高校生になってすぐにジャニーズ事務所を退所してしまいます。

同じ「平家派」に所属していたメンバーは他のグループに移籍して活躍していたのに、何で反町隆史は途中でジャニーズ事務所を辞めてしまったんでしょうか。

辞めた理由は何だったんでしょうか。

反町隆史さんがジャニーズ事務所に所属していたのは14~16歳の間ですが、高校生の時にジャニーズ事務所を去ることになりました。

「俳優を目指すために辞めたのかな?」なんて思っていたのですが、実は、反町隆史さんがジャニーズ事務所を辞めたのは俳優を目指すため自ら脱退したのではなく、解雇だったのです。

この頃の反町隆史さんは、かなりやんちゃだったとのこと。

素行については事務所から度々注意を受けていたのですが、ある時ファンに手を出したことが事務所にバレてしまい解雇に至ったとのことです。

他にもダンスレッスンに参加しないで、不真面目だったからということも理由だったようです。

反町隆史は素行不良でジャニーズ事務所を解雇になったんだそうです。

若気の至りということもあったのかもしれませんが、昔はやんちゃだったんでしょうね。

反町隆史はジャニーズ時代の同期との共演はあるの?

反町隆史はジャニーズ時代の同期との共演はあるのでしょうか。

ジャニーズ事務所は一度辞めると芸能活動の制約を受けるという噂もありますが、どうなんでしょうか。

調べて見たところ、反町隆史も今までジャニーズ事務所のタレントとは共演してきているそうです。

1995年には映画「君を忘れない」で木村拓哉と共演。

1995年のドラマ「未成年」では香取慎吾と共演。

1999年12月27日放送のビストロスマップに出演。

2012年のドラマ「最高の人生の終わり方」で山下智久、知念侑李と共演。

多くはないですが、ジャニーズ事務所のタレントと共演してきているみたいですね。

でも、同じ「平家派」のメンバーだった「TOKIO」や「V6」のメンバーとは一度も共演していないそうです。

ここは何か大人の事情があるのかもしれませんね。

ジャニーズ事務所は一度辞めるとその後の芸能活動に支障をきたすという噂がありますが、反町隆史の場合は新しい事務所で俳優として活躍していますが、さすがに元「平家派」のメンバーとは共演できないのかもしれませんね。

ファンとしてはいずれ夢の共演をしていただいて、昔のジャニーズ時代の話に花を咲かせてほしいですよね。

ぜひ、夢の共演を期待したいです!