稲葉浩志(B’z)の自宅は松濤の一等地!写真も公開!近所で犬の散歩を目撃との噂

Pocket


<出典元:https://grapee.jp/

今回は日本を代表するロックバンド・B’zの稲葉浩志についての記事になります。

B’zと言えば、デビュー30周年を超えた現在でも日本のロックシーンを牽引するモンスターバンドとして知られています。

CDの売上枚数は日本の全ミュージシャンのトップであり、その売上枚数は8,300万枚以上!

2008年にはギネス世界記録から「日本でもっともアルバムを売り上げたアーティスト」という認定をされ、日本のみならず、世界的にも認められているミュージシャンです。

B’zはこれだけのモンスターバンドですから、長者番付が発表されていた時代ではミュージシャン部門ではメンバーの稲葉浩志と松本孝弘は常にトップ3以内という高額納税者でした。

稲葉浩志の今までの生涯収入は50億円以上とも言われており、それだけ稼いでいるのですから、一体どんな家に住んでいるのかは気になるところでもありますね。

そこで今回の記事では、B’zの稲葉浩志の自宅について調べていきたいと思います。

「稲葉浩志(B’z)の自宅は松濤の一等地!写真も公開!近所で犬の散歩を目撃との噂」と題しまして、噂の真相を解明していきたいと思います。

スポンサーリンク

稲葉浩志(B’z)の自宅は松濤の一等地!


<出典元:https://www.pinterest.jp/

ネット上では稲葉浩志の自宅は松濤の一等地だという噂が流れていますが、どうもこの噂は本当のようです。

確かに噂通りで、稲葉浩志の自宅は松濤の一等地だということです。

松濤というのは東京都渋谷区松濤のことです。

松濤は東京都内でも有数の高級住宅地であり、数多くの芸能人や著名人が住んでいると言われています。

この松濤に稲葉浩志の自宅はあるということです。

稲葉浩志の自宅の写真を公開!


<出典元:https://search.yahoo.co.jp/

それでは渋谷区松濤にある稲葉浩志の自宅の写真を公開していきたいと思います。


<出典元:https://search.yahoo.co.jp/

この写真が渋谷区松濤にある稲葉浩志の自宅になります。

奥に建っている石の柱のある家が稲葉浩志の自宅ということです。


<出典元:https://search.yahoo.co.jp/

これが上空からの稲葉浩志の自宅の写真です。

建物だけでなく、土地もかなりの広さがあるのが分かります。

スポンサーリンク

都内有数の高級住宅地である松濤にこれだけの豪邸を構えるのは流石だと言わざるを得ないですよね。

稲葉浩志の自宅は松濤のどの辺にあるの?


<出典元:https://search.yahoo.co.jp/

稲葉浩志の自宅が渋谷の松濤にあることが分かりましたが、ファンの方が気になるのは松濤のどの辺に稲葉浩志が住んでいるのかということですよね。

ここからは具体的は自宅の場所について調べていきたいと思います。

まず、稲葉浩志の自宅は渋谷区松濤1丁目にあります。

松濤は1丁目と2丁目の二つのみですが、稲葉浩志の自宅は松濤1丁目にあります。

自宅の近くには渋谷区立松濤中学校があり、渋谷駅の近くにしては比較的閑静な住宅地と言える場所だと思います。

また、稲葉浩志の自宅のすぐ近くには「VERT松濤」という高級マンションがありますので、興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか。

稲葉浩志の自宅の表札にはなぜか「ストーンハウス」と書かれているそうです。

稲葉浩志の自宅の価格は?


<出典元:https://search.yahoo.co.jp/

東京都渋谷区松濤にある稲葉浩志の自宅ですが、価格は一体どのくらいなのでしょうか。

自宅の価格を推測していきたいと思います。

スポンサーリンク

まず、土地の価格ですが、

松濤の土地価格は坪単価が約550万円くらいと言われています。

一番高いバブルの時は坪単価が2,000万円近くあったようですが、最近では600万円前後が多いようですね。

稲葉浩志が購入したのがいつなのかは分かりませんが、おそらくはバブル崩壊後だと思いますので、坪単価は500万円前後の時代ではないかと思います。

上空からの写真でも土地の広さは150坪はあると思いますので、

500万円(坪単価)×150坪=7億5,000万円(土地代)

土地代だけでも7億円以上はするのではないでしょうか。

そこに建物代が入ります。

建物代も敷地に対して80%は使ってそうですし、3階にも部屋があることから、総床面積は300坪はありそうです。

建坪が150万円くらいとして、300坪ですから、

150万円(建坪)×300坪=4億5,000万円(建物代)

になります。

推測にはなりますが、土地代と建物代を合わせて、

7億5,000万円(土地代)+4億5,000万円(建物代)=約12億円

ということになり、稲葉浩志の自宅の価格は軽く10億円超えの12億円近くするのではないかと思います。

B’zとして、音楽で大成功した稲葉浩志だから建てることのできる自宅ということが分かりますね。

自宅の近所では稲葉浩志が犬の散歩をしている姿が目撃されている


<出典元:https://search.yahoo.co.jp/

松濤の自宅の近所では、稲葉浩志が犬の散歩をしている姿が頻繁に目撃されているようです。

稲葉浩志一人で散歩していることもあれば、奥さんと二人で散歩をしていることもあるということです。


<出典元:https://www.news-postseven.com/


<出典元:https://search.yahoo.co.jp/

稲葉浩志が飼っている犬の犬種は「オーストラリアン・ラブラドゥードル」という名前のようで、ファンの間では稲葉浩志の犬好きは有名のようですね。

この犬種は非常に高価とのことで、都内でも飼っている人はそこまで多くないようです。

稲葉浩志がこんな犬を散歩していたら目立つかもしれませんね。

稲葉浩志の自宅が芦屋にもあるという噂は本当か


<出典元:https://search.yahoo.co.jp/

ネット上では、稲葉浩志は松濤の他にも兵庫県の高級住宅地で知られている芦屋にも自宅があると言う噂が流れていますが、この噂はほんとうなのでしょうか。


<出典元:https://search.yahoo.co.jp/


<出典元:https://search.yahoo.co.jp/

この写真にある、ものすごい豪邸が稲葉浩志の芦屋市六麓荘町にある自宅と言われているそうです。

六麓荘町といえば、芦屋の中でも一番の高級住宅地として有名な所ですが、こんな立派な建物が稲葉浩志の自宅と噂されているそうですが、実は違うようです。

この建物はB’zの生みの親とも言われている、音楽制作会社『ビーイング』グループの創業者である長戸大幸のゲストハウスとのことです。


<出典元:https://search.yahoo.co.jp/

『ビーイング』と言えば、B’zのみならず、1990年代の日本のミュージックシーンを支えていた数多くのアーティストを抱えていた制作会社であり、相当な収益を上げていた会社です。

その会社の創業者である長戸大幸の芦屋のゲストハウスがいつの間にか稲葉浩志の自宅と噂されるようになったようですね。

と言うことで、噂は間違いであり、芦屋には稲葉浩志の自宅はなく、稲葉浩志の自宅は松濤の一件のみのようです。

スポンサーリンク