土田晃之の嫁(妻)は誰?どんな人?写真や画像はあるの?出会いから馴れ初めまでを徹底検証

Pocket

今回は土田晃之の家族についてです。

土田晃之と言えば、愛妻家子煩悩というイメージが定着しているように思います。

2013年には「ベスト・ファーザー イエローリボン賞 」を受賞していますし、世間のイメージは「良き父親」なのではないでしょうか。

「良き父親」のイメージがある土田晃之ですが、土田の家族はどんな家族なのでしょうか。

はどんな女性で、子供は何人いるのでしょうか。

土田晃之の家族関係が気になりますよね。

今回の記事ではそんな土田晃之の嫁と子供についての噂の真相を解明していこうと思います。

土田晃之の嫁(妻)は誰?どんな人?

お笑い芸人の中でも愛妻家として知られている土田晃之ですが、嫁はどんな女性なのでしょうか。

どこで出会ったんでしょうか。

嫁(妻)との出会い、馴れ初め

土田晃之の嫁との出会い、馴れ初めはTV番組での共演のようです。

共演といっても嫁は芸能人ではなく、一般女性とのことです。

昔、テレビ東京に「スターボウリング」という番組があったんです。

スターという名前がついていながら、デビューして半年も経っていないくらいの全然スターじゃない僕たちがゲストに呼ばれたんです。

浦和のボウリング場で収録をしたんですけど、予算がないからボウリング場に来ている一般のお客さんにADさんが声をかけて観覧席に座ってもらっていて、平日の昼間だからお年寄りが多かったんですけど、そこに若いお姉ちゃんが2人来ていて、そのうちの1人がうちの嫁さんです。

ボウリング場の収録で楽屋もなかったので、休憩時間は横にある喫煙所でたばこを吸ってたんですよ。

そこで、その女性2人が話しかけてきて「芸人さんなんですか?サインください」「いいですよ」なんて会話をしたんです。

休憩の度に喫煙所で話をして、楽しかったからそのまま収録後に隣のファミレスに行って、話が盛り上がって、僕の実家まで遊びに来たんですよ。

その頃はまだデビューしたてのぺーぺーだから、プロ意識とかもなくて(笑)
実家の車で収録に行っていたから、2人を車に乗せてその頃まだ住んでいた実家に戻って、卒業アルバムとか見せたりしてね。

そうしたら、うちの母に「そろそろ遅いから送っていきなさい」って言われて、浦和の駅まで送って行ったんですよ。

その当時って、今みたいに携帯がある時代ではないから、連絡先の交換もせずにバイバイしたんです。だから、「これでもう会う事もないだろうなぁ」と思って別れたんですよ。

それから2ヵ月後くらいに、僕らが出ているイベント会場に2人が見に来てくれたんです。

出待ちのファンの子達がいる後ろに2人が立っていて、「あぁ!こないだのボウリング場の!」ってなって。

それから、ちょくちょく僕らのライブやイベントを見に来てくれるようになって、それから付き合うようになったんです。

番組での共演というより、番組の収録の観覧に来ていたのが出会いだったようですね。

そこから付き合うようになって、結婚したようですね。

土田晃之は26歳の時、1998年に結婚したそうです。

結婚した1998年は土田もまだ今のようにはTVにも出ていなくて、お笑い芸人としても売れていなかったそうです。

そんな中での結婚ということもあって、金銭的にとても苦労したそうです。

嫁の支えなしではとても生活できなかったほどだったとのことです。

嫁(妻)のエピソード

土田晃之は嫁とのエピソードでこんな話をTVでしていました。

「僕の嫁は『あんたが売れなくなったら私が働いて面倒みてやるから』って言ってくれるんです。『浮き沈みの激しい芸人と結婚するんだから、そのくらいの覚悟はあるわよ』って」

また、こんなエピソードもあるそうです。

土田はお笑い芸人を唯一辞めようと思ったことがあった、という。

それは大きな特番があった時。

その収録後のパーティーがあり、そこで芸人の諸先輩がプロデューサーたちにビールを注いでいた。

そういう社交的なことが嫌で、それが出来ないからお笑いの世界に来たのに結局サラリーマンと一緒かよ、と嫌気がさした土田。

それを「仕事なんだから、ビールくらい注ぎなよ」と言われるのを覚悟して、「結局さ、そんなことしなきゃダメなんだよ」と愚痴ると、

「そんなことする必要ない。ビールなんか注がなくていい。そんなことしたらアンタの良さがなくなっちゃう。ビールを注がないくらいで仕事がなくなるんだったら芸能界は大した世界じゃない」

と僕の嫁は言ったです。

土田晃之の嫁は芸人である土田との結婚にかなりの覚悟を持っていたんでしょうね。

だからこそ、土田も芸能界の仕事に家庭のことは気にせずに専念できたのでかないでしょうか。

土田晃之の嫁は肚の据わった男勝りな女性みたいですね。

土田は「嫁に男として育ててもらった」とも言っていましたね。

2013年に受賞した「ベスト・ファーザー イエローリボン賞 」の授賞式では、

「うちの嫁は本当にベスト・マザー」

と土田は言っています。

土田晃之の嫁は母親としても、よくできた女性のようですね。

嫁(妻)の写真や画像はあるの?

土田晃之の嫁がどんな人なのかは土田の話すエピソードで分かってきますよね。

でも嫁のエピソードを聞くと、顔を見たくなりますよね。

土田晃之の嫁はどんな外見なのでしょうか。

写真画像で見てみたいですよね。

土田の嫁の写真や画像があるかどうか探してみたところ、1枚だけ出てきました。

これは結婚して間もない、子供もまだ小さい頃の写真のようです。

嫁もちゃんと写っていますね。

芸能人でいうと、磯山さやかに似ていると言われているみたいです。

確かに少し似ている感じがしますし、可愛らしい人ですよね。

実際に磯山さやかとは家族ぐるみの付き合いをしているそうで、土田の嫁と磯山さやかは仲がいいみたいです。

土田晃之は実は愛妻家ではないの?

芸能界でも愛妻家として有名な土田晃之ですが、実はそれほど愛妻家ではないという噂もあるようです。

土田はTV番組でもこのように話しています。

お笑い芸人の土田晃之が、8月7日放送の『太田上田』(日本テレビ系)に出演した。

番組では「結婚生活を円満にするための秘訣は?」という視聴者からの質問を紹介。

司会の爆笑問題・太田光が「これはもう、土田先生に話を聞くしかない」と話を振るも、「いえ、うちは円満じゃないですもん」と吐き捨てる。

これには太田が「最近どうしたの?」と心配するが、土田は「ベストファーザー賞のときだって『そんなに円満じゃないからいらない』って俺は言った。

そしたら事務所が『イメージよくなるから、もらっとけ』って」と告白。

ちなみに、ここ7〜8年間は「嫁さんとのラブラブエピソードは一言もしゃべってない」らしく、「円満じゃないですよ」と何度も繰り返し、「お互い視線に入らないぐらい」と説明する。

ここまでくると夫婦仲が心配になってしまうが、土田は「別居もしていないし、(自分は)すぐに家帰るし」と発言。

共演者から「会話とかはあるのか?」と聞かれ「会話?」と、とぼけてみせた。

ここで土田は「夫婦円満」のイメージが広まったきっかけについてこう語る。

「もとをただせば、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で関根勤さんが『“奥さん大好き芸人”って企画をやりたい』とスタッフに言って、俺がメンバーの中に入ってた。

別にそのときも『ちょっと仲いいくらいかな』と思ったけど、エピソードを話さないといけないから。で、子供も4人もいるから(円満なイメージが作られた)」

2013年のベストファーザー賞受賞の際には「この賞をいただいたことは嫁に言っていない。

『は〜? お前が?』みたいになるから、できれば内緒にしてほしい」と明かしていた土田。

この発言からはそこまで夫婦仲が良いわけではないし、愛妻家ではないように受け取れますよね。

土田晃之の場合は確かに「良き夫婦像」を植えつけられたところも若干あるかもしれませんが、愛妻家であることは鉄板のような気がしますね。

さすがにTVで「愛妻家です」と今更言わないと思いますし、売れない芸人時代を必死に支えてくれて、芸人の仕事を理解し、覚悟して結婚してくれた嫁ですから、愛妻家であるのは確かだと思いますよ。

土田は以前、嫁の入院で育児休暇を取って仕事をセーブするほどの愛妻家であり、家族思いの一面があります。

また、土田にとっての結婚とは、

「結婚というのは自分が好きな人の年老いてゆくのを見れる権利を得たことと思っている」

とも話しています。

子供も大きくなってきて、夫婦間の距離が少し変わったのかもしれませんが、それでも土田晃之は「良き父親」であり、「良き夫婦」だと思うんですけどね。

皆さんはどう思いますか?